エアコンの正しい使い方

楽しい生活

恋愛や婚活に関する悩みや相談から結婚や再婚の情報など

トップページ >

エアコンの正しい使い方のタグ

エアコンの正しい使い方のタグが付いた記事

エアコンの正しい使い方をマスターして快適な寝室で愛を深めましょう 

寝苦しく暑い夏の夜、エアコンの正しい使い方【エアコンメーカー直伝】 なんでもダイキンさん、夏の暑い夜に、より快適な環境で良質な睡眠をとれるようなエアコン活用法などを提案するプロジェクトをスタートしたそうなのです。 それでは早速、「夏の寝室における正しいエアコンの使い方」、見ていきましょう! https://news.infoseek.co.jp/article/womaninsight_410405/
ちょっと尋常じゃない暑さが続いている日本列島ですが、皆さん大丈夫でしょうか? 三連休や夏休み、お盆休みなどで出掛ける機会も多くなる季節。 熱中症に注意するのは勿論、デートや2人きりで旅行に行ったら「します」よね? こんな激暑ですから、2人の愛の行為もさぞ激暑になるかと思いキャ、グッタリ、ゲンナリ、くさぁ!!!ダルぅ・・・寝よ・・・もう無理・・・ 本当にキツい時が有りますから、エアコンの正しい使い方をマスターして快適な寝室で愛を深めたいところ。 ダイキンが言うには、 1.一晩中エアコンを使いたいなら「除湿」で。 設定温度は28℃以上の除湿運転に設定。湿度設定できるエアコンならば50〜60%に設定。 体温を冷やしすぎずに体感温度だけが下がり、入眠直後の汗を乾かすことができるため、眠りやすい環境になる。 2.エアコンをつけっぱなしにしたくないなら、「お好みの温度&3時間でタイマーが切れる設定」に。 汗の量が多くなる就寝直後はタイマーで部屋を冷やすことで湿度もコントロールされ、汗を乾かし、入眠直後にきちんと眠りやすい環境になる。タイマーが切れる時間を3時間に設定すると睡眠前半の深いノンレム睡眠が安定的に取れる。 3.「朝のタイマー」を取り入れてみる。 朝起きたときの快適感によって眠りの質も異なる。起床時間に合わせてタイマー設定しておくのが良い。 この様なアドバイスが書かれています。 間違っても素っ裸で温度を低く冷房で設定したままエアコンを付けっ放しで寝ない方が良いです。起きたら喉が痛かったり体調が悪くなりますので、出来ればタイマーか除湿の方が良いです。実は酷い目にあったこと有りますので気を付けて下さいね。 と言っても出掛けて遊んで食べて飲んでヤッテ・・・疲れて寝てしまいますからね・・・する前に設定をしておくことが重要でしょう。 しかし、ホテルによってはタイマーや除湿スイッチが無いホテルも有りますよね。 ラブホなんて古いエアコンの場合も有りますから、ホテルは要注意。温度設定で切り抜けましょう。 この時期、ホテルに入ったら真っ先にシャワーは必須。 ちょっと体温が上がりますのでエアコンの温度を下げてしまいがちですが、その後する事を想定しておかないと途中で体調が悪くなる可能性が高いです。 暑すぎても寒すぎてもヤル気が失せてしまいますので、25度前後を設定しておくと良いでしょう。 温度調節が効いて居ない場合も有りますので、寝る時は衣服もちゃんと着て、寒い時は掛け布団を直ぐにかけれるようにしておきましょう。 ラブホで2時間でチェックアウトする予定でも、しっかりと温度調節は行った方が2人の愛は深まると思います。

>>エアコンの正しい使い方をマスターして快適な寝室で愛を深めましょうの続きを読む